【経営支援情報】
 
経営支援情報
事業承継支援
 「現状で手一杯で先々のことを考えるのは面倒だ・・・」 
「まだ先のことだから・・・」
「後継者がなかなか見つからない・・・」
といって事業承継対策を先送りにしていませんか?
対策をせずに放置していると、いざ事業承継という時に、相続を巡ってもめ事が起きる、後継者が経営ノウハウを知らない、
取引先・従業員の信頼を得られない、といった問題が生じ、最悪の場合、廃業に至ってしまいます。

そのようなことにならないためにも、事前に、後継者の候補者を見つけ、その候補者を育成し、 徐々に経営権を移していくといった計画的な取組みが大切です。

現在、事業承継税制の抜本拡充を始めとした事業承継円滑化に向けた総合的支援策が整備されつつあります。平成20年5月には、大分県商工会連合会事業承継支援センターをはじめ、全国102ヵ所に事業承継支援センターが設置され、10月からは、「経営承継円滑化法(中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律)」が施行されるなど支援策の充実が着実に図られています。 
 事業承継は全ての企業で必ず起こることです。
問題になる前に、円滑な事業承継に取り組みましょう。
〇ご相談はお気軽に、

 事業承継ハンドブック
事業承継ハンドブック これだけは知っておきたいポイント20問20答